プロミスなら急ぎの借り入れも大丈夫!
プロミスなら即日審査もできる※急ぎのキャッシングも大丈夫!

プロミスなら即日審査もできる※急ぎのキャッシングも大丈夫!

プロミスの即日審査でお金を借りる


>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

お金が必要になる場合は、突然やってくる場合が多いですが、プロミスを利用することによって、その日のうちに必要なお金の融資を受けることが可能になります。最近では申し込みも、インターネットで行うことが可能なので、審査も非常に早く、即日審査が当たり前になっています。

もちろん条件によっては、審査が長くなる場合もありますが、基本的に即日審査が可能だと思っても良いのではないでしょうか。即日審査を行うことによって、即日融資が可能となり、申し込んでから、遅くても数時間後には、必要なお金を用意することができるでしょう。

このようにプロミスは非常に便利なサービスを展開しているので、お金に困った場合は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。もちろんプロミスを要する場合は、しっかりと返済を計画して、利用することが大切です。

同社としっかりとした信頼関係を築きながら、キャッシングや、カードローンを利用していくと良いでしょう。使い方次第では非常に便利なサービスになるので、上手に活用して利用するようにしましょう。


リスト これから【プロミス】自動契約機に行きますか?!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ


プロミス自動契約機検索

30日間が無利息になるプロミス


はじめてのキャッシングの時は、金利優遇サービスのある業者が有利に借りることができます。 三井住友銀行グループのプロミスは、契約時にEメールアドレスの登録とweb明細利用を選んだ場合に30日間無利息でキャッシングサービスを利用することができます。

この無利息期間ですが、初回利用した翌日から30日間が無料になりますので、すぐに返済する予定がある方、次の給料日まで足りない分を借りたいという人にはありがたいサービスとなっています。 契約した日からではなく利用した翌日から30日間が適用となり、その期間内であったら途中で追加融資を受けた分に関しても利息はかかりません。 借りたお金を期間内に返済してその後に借りたとしてもそれが30日以内なら利息はかかりませんので、はじめてのキャッシングの場合は30日間は利息の心配することなくお金を借りることができます。

30日経過後に借り入れ残高がある場合は、その残高に対して30日以降から利息がかかるだけです。 返済が終わっていなくても30日間分はまるまる無利息で借りることができるのです。 借りる時も返す時も銀行やコンビニATMが使えますので、わざわざ店舗まで出向く必要もありません。

プロミスは忙しい時でも自宅からweb申し込みで審査から借り入れまで来店せずに完結することができますし、申し込み受付は24時間です。 初めてキャッシングを利用するということで不安がある人は女性専用のダイヤルも用意されていますのでそちらを利用してみてもいいですね。

キャッシング申し込みで聞かれる事とその理由


キャッシング業者に申し込む方法は店頭窓口、無人契約機、インターネットなどさまざまな方法があります。どの方法で申し込んでも聞かれる事はだいたい同じなので自分の都合のいい申し込み方法を選ぶといいでしょう。 申し込む時に聞かれる事は利用者の情報、利用者の勤務先の情報、利用者の借り入れの情報です。この3点を聞く理由は返済能力があるかどうかを判断するために聞きます。

利用者の情報の場合は家族構成や住まいなどを対象に判断していきます。独身の場合と結婚している場合は結婚している方が信用される場合が多くなって、賃貸と持ち家では持ち家の方が信用されやすいです。

勤務先の情報の場合は年収と勤続年数を対象に判断していきます。年収はもちろん高い方がいいのですが、勤続年数がより多いと信用される場合が多くなります。 借り入れの情報の場合は他社から借り入れがあると返済能力に関して少し疑われてしまうので利用限度額が低くなってしまいます。

プロミスのフリーキャッシングと目的ローンの違い


便利で使いやすい借入サービスを複数取り扱っているのがプロミスであり、プロミスといえば借りた資金を自由に使えるフリーキャッシングが最もポピュラーなサービスとなっています。 しかしプロミスにはフリーキャッシングとよく似た性質を持つ目的ローンというサービスもあり、自分の用途に合わせて使い分けをすることで、よりお得にプロミスのサービスを利用することが可能となります。

一般的に目的ローンというと、借りたお金の使いみちが限られており、契約時には自動車ローンなら車検証や領収書などが提出必要書類となっていることが殆どです。しかしプロミスの目的ローンは、提出必要書類がフリーキャッシングと同じですし、商品案内を確認して見ますと資金用途も厳格に定められていません。

年率はフリーキャッシングが4.5%?17.8%なのに対し、目的ローンは6.3%?16.5%となっているので、単純に比較すると目的ローンの方がお得に思えます。 両者の大きな違いは限度額と返済方法にあります。 フリーキャッシングは500万で多数の返済手段がありますが、目的ローンは300万円で銀行からの自振に限られているのです。 これらの特徴をよく理解して利用したいですね。